luxi_ixul

luxi_ixul

Pairsを始めて3ヶ月目の感想

1月26日に開始したPairsも気がつけばもう4月に突入してしまった。自動更新されてしまったので仕方なく4月もやっている。消化試合みたいな所もあると思う。

折角なので3ヶ月目に突入した感想を書いていく。

  • 常連化による飽き
自分は検索対象を自分と同じ年齢の24歳までの女性にしていたのだが、もう見た事がある女性だらけになってくる。顔見知りの常連客のようだ。しかもここは「いいね」を押していない女性が残っているので、何らかの理由で押すのを躊躇った残り物である。つまり単純に容姿が劣ってる子かいいねで承認欲求を満たすタイプの「写真は可愛い」子である。

  • やりとりの面倒臭さ
Pairsは真面目系出会い系と称されるだけあって、女性が地味で臆病である。なので他の出会い系アプリやTwitterと違ってLINEの移行が面倒臭い。
そんなに可愛くなくて、まあ少しくらい話してみるかと思っても「LINEはもっと仲良くなってから」。アプリでのやりとり上の仲良しなんて仮面被ってるだけかもしれないし結局会ってみないと分からない事だらけである。
男友達と飯を食べに行くくらいのフランクさで誘ってもスルー。可愛い子なら自分の気持ちを抑えられるが妥協点にこの対応をされては苛立ちを隠せない。

Pairsのメリットは他と同時進行できる点、いつでも好きなところで使える点だけで登録している女性のルックス、社交性を考えると街コンや合コン等の直接顔をみたやりとりの方が結局スムーズであると実感した。

今月末で辞めようと思いました。それまでこの悔しさを他のPairs会員に八つ当たりします。

イライラしながら文章を書きました。